私も金(銀)継ぎに挑戦してみました。

妻が金(銀)継ぎに挑戦したのを側で見ていて

「いつか・・・。」

と思っていたのですが

新型コロナウィルスの感染拡大防止対策のため

休業要請を受けているこの期間に私も挑戦してみました。

金(銀)継ぎに挑戦してみました。



あんなに上手く出来るはずがないと言いつつ

「絶対に上手く仕上げてやる!」

と密かに闘志を燃やしていたのは内緒です。(笑)



私の湯飲みは欠損面積が多く

破片が粉々になり再使用出来なかったので

リペアは困難を極めました。

欠損部分を漆で補修しても乾くまで時間がかかったり

パッと見乾いている様に見えても

形を調整する為にヤスリを当てると

補修した部分がまだ乾いていないので

ポロっと丸ごと取れてしまったり。(笑)



調べてみると

漆は湿度が高い方が乾きやすい性質を持っているそうです。

梅雨の時期は最適って事ですよね。

まぁ、そこまで待っていられないので

強制的に霧吹きで水分を含ませる作戦に出ました。(笑)

これが成功して乾燥するまでの時間が短縮出来た気がします。



欠損箇所に漆で補修。

乾燥。

研磨。

最後に銀粉を乗せて完了。

納得できない部分もありますが

何事も経験です。

今回の反省を次回に活かしたいと思いました。

 

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/05/23597/