Haro escape シェイクダウン!

その当時、

『シマノ・バイカーズ・フェスティバル』の

ハードテイルダウンヒルに本気で参加しようと思って組んだ

2005年式の『Haro escape』ですが

仕事を軌道に乗せるべく頑張らなければならない時期と重なり

そのままお蔵入り。

長い時間、書斎で眠り続けていましたが

この度『Catherine Bikes』さんに整備して頂き復活!



MTBは29インチ、

または27.5インチに主役の座を奪われてしまった感のある

26インチのMTBはもはや絶滅危惧種。

パーツの入手も困難になりつつありますが

楽しさは健在でした。



現行XTRは12速なのに

私のdeore XTは9速という、

もはや化石て言っても過言ではありません。

でも『Catherine Bikes』さんで整備された

deore XTは信じられないほど気持ちよくシフトが決まる。

さすがプロ。

メカニックさんって技術職なんですよ。

誰が整備しても同じではありません。



クランクとペダルはsaint+DXでしたが

ストリートメインで乗る事を考慮して

ペダルは靴底への攻撃性が低いプラスチック製に交換。

万が一の時でも流血しなくて済むタイプです。(笑)



ハンドルとステムは大好きなEASTONで固めています。

今となっては細くて頼りない感じですが

現状のまま行きます。

いや、それにしても赤と黄色のロゴが素敵ですね~。

タマリマセン。(笑)



フロントフォークはROCKSHOX psylo

U-turnシステムと呼ばれる

トラベル量を調整出来る機能を持っています。

その調整幅は80~125ミリ!

今となっては普通のトラベル量かもしれませんが

当時のSIDは63ミリでしたからね。(笑)



サドルは我が家の定番selle ITALIA

このflite genuine gelは

私が再び趣味として自転車に乗る様になってから

最初に購入したカスタムパーツ。

これから始まってしまったって感じですね。(笑)



ストリートメインという事でこんなタイヤをチョイスしているので

本格的なオフロード走行は厳しいかもしれませんが

ゴツゴツした路面の感触を確かめながら

久しぶりにMTBならではの走りを楽しみました。



最後に

整備して下さった『Catherine Bikes』さんに感謝。

「当たり前の事をやってるだけ。」

そうご本人は謙遜していますが、当たり前じゃないんですよね。

プロのメカニックによる整備があるからこそ

私達は安心して自転車を楽しむ事が出来るんです。

いつもありがとうございます!

タグ: | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/04/21086/