ミネラルショーで購入したルースの加工って出来ますか?

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたクォーツ(水晶)のルース。

ミネラルショーでお求めになったそうです。

もちろん弊社でも厳選したクォーツを仕入れる事は可能ですが

自分が身に着ける宝石を

たくさんの中から自分で選ぶ楽しみもありますよね。

もちろん弊社ではミネラルショーでお求めになったルースでも

加工させて頂いております。

しかし、以下の様な場合は加工をお断りする場合もございます。

まずはルースの内部外部に関わらず重大なクラックや欠けがある場合。

これは石留めの際に爪をかけた瞬間に

クラックや欠けが増大する可能性があります。

最悪の場合、石が割れてしまう事も。

次にルビーで多く見受けられるのが含浸(がんしん)処理。

内部の傷を見えにくくする為に鉛ガラスを充填し

ルビー等の宝石を美しく見せる方法です。

含浸処理されたものを知らずに加工すると

最終工程の洗浄で内部の傷を埋めていた鉛ガラスが割れ

元々の傷がはっきりと見えてしまいます。

そして恐ろしい事に含浸処理されている事を告げずに

販売されているケースもあるのです。

これに相当する場合は

仮に加工をお受けした場合でも弊社では責任を負う事が出来ません。

それと最近は少なくなったと思いますが

加熱処理とは異なる

着色処理を施したものも存在します。

加工後に色が変わってしまう事もあります。

ご自身で身に着ける宝石を

ご自身で探すのはとても楽しい事です。

これは間違いありません。

その反面リスクも存在しますので

宝石の良し悪しを判断する目が必要です。

是非ともマイルーペを購入しましょう。

持ち込みルースの加工について

ご不明な点がございましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。



前置きが長くなりましたが

お預かりしたクォーツをペンダントに加工させて頂きました。

オーソドックスな4本爪のデザインで

側面には光を取り込む窓が儲けられています。

この窓により宝石が一段と明るく美しく見えるのです。



爪の先端はご覧の様に丸く小さくなっております。

これによりお洋服への引っ掛かりが

大幅に少なくなります。

ペンダントヘッドが直接肌に当たる首回りは

とてもデリケートなゾーン。

だからこそ、徹底的な仕上げを行う事で

柔らかな肌触りを実現しています。

私達はただ単に形になれば良いとは思っていません。

いつまでも愛して頂けるジュエリーを形にする様、心掛けております。

 

先日はお忙しいところお越し下さり

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/01/20510/