息子が戦う為の準備

いよいよです。

どうしても行きたかった高校へ。

もちろん勉強は頑張ってもらわなければ困りますが

自転車競技も同じくらい頑張ってもらわなければ困ります。

いや、頑張らなければ困るのは親じゃなくて息子自身ですね。

親は影でサポートするだけ。

自分で未来を切り開いていってほしい。

その為の準備を少しずつ・・・。

PINARELLO ROKH

高校生になっても引き続きPINARELLO ROKHにお世話になります。

6700系ノーマルギア比で組んだROKHですが

U17のギア比に対応させる為にクランクをSHIMANO FC-CX70に変更。

FC-CX70はシクロクロス用のクランクセットでチェーンリングは46T-36T

これに13Tトップのカセットスプロケットを合わせて対応していました。

一時的にU15のギア比に対応させるべく

16Tトップのカセットスプロケットも使っていましたがさすがに・・・。

FC-6700

高体連が主催するレースではU19に統一されている様です。

そりゃそうですよね。

同じ高校生が戦うのに年齢によってギア比が異なってしまったら

勝負になりません。

U19のギア比は52T×14Tで対応できるそうです。

息子が以前使っていたクランクセットは6700系アルテグラの52T

大丈夫、使えますね。

5アームのデザインは安定感があって良いですね。

MAVIC COSMIC CARBON SL

ホイールはお借りしました。

MAVIC COSMIC CARBON SL

ネット上では

「鉄下駄」

とか

「手放す確率が高いホイール」

なんて散々な事を書かれていますが・・・。

たしかに軽くはないのでゼロ発進はやや苦手かもしれません。

しかし、スピードが乗った時の気持ち良さは素晴らしい。

私が普段使いにしているMAVIC COSMIC CARBON SLRよりも

スピードの持続力は上かもしれません。

MAVIC COSMIC CARBON SL

リア周りがしなやかなPINARELLO ROKHとの相性が心配でしたが

実際に走ってみたら、そんな心配は吹っ飛びました。

以前、DURA-ACE WH-7850SLと組み合わせた時に息子は

「まるでパンクしたみたいに進まない。」

と言いました。

ガチガチに硬いアルミフレームとの相性は抜群だったのに・・・。

要するに、しなやかなフレームとしなやかなホイールでは

速く走る事が難しいという事なのでしょう。

もちろん、その機材に合った走り方をすれば問題ないのかもしれませんが・・・。

PINARELLO ROKHとMAVIC COSMIC CARBON SLの組み合わせは

超級のヒルクライムが含まれたレースでなければ対応できるでしょう。

コースによって今まで使ってきたMAVIC KSYRIUM ESと使い分ければ良いんです。

PINARELLO ROKH

これで準備完了。

ではないんですね。

実はカセットスプロケットは13TトップなのでNGです。

14Tトップのカセットスプロケットを用意しなければ。

余談ですが、14Tトップのカセットスプロケット。

通称“ジュニアギア”ですが、6800系アルテグラが遂にリリースされたんですよね。

ちょっと気になる。(笑)



タグ: | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2015/02/10377/