神保町『古瀬戸珈琲店』駿河台ブレンド

商談が無事に終わりホッと一息。

そんな時に必ずと言っても良いほどお邪魔するのが

神保町にある古瀬戸珈琲店さん。



1980年創業の老舗珈琲店で

あの池波正太郎氏が愛したお店としても知られています。

狭い階段を上がり二階へ。

扉を開けると、その狭い階段からは創造出来ない

開放的な空間が広がっています。

そして扉を開けた瞬間に珈琲の良い香り。

これだけで立ち寄って良かったと感じます。



駿河台ブレンド。

古瀬戸珈琲店さんには二種類のブレンドがありますが

古瀬戸ブレンドは やや苦味が強く

駿河台ブレンドはやや酸味が強く感じられます。

その日の気分によって

好みのブレンド珈琲が選べるのは嬉しいですね。

珈琲を一口飲む度に緊張感がほぐれ

リラックスして行くのが分かります。

そんな時間を古瀬戸珈琲店さんで過ごすのは

とても幸せな事。

毎日通いたくなってしまいます。

 

ごちそうさまでした。

いつも素敵な時間をありがとうございます。

またお邪魔させて頂きます。

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2018/12/20220/