当たり前の様で当たり前ではない事を私達は実践しています。

本日のジュエリー。



ダイヤモンドリングと

片側だけのダイヤモンドピアス。

ダイヤモンドリングは大切なご家族から受け継がれたもの。

身に着けたいと思っているのですが

今現在のファッションには似合わない・・・。

でも受け継がれたという事もあり

その面影を残したいという想いがありました。



リフォーム完了。

センター部分を切り取り腕はそのまま使用する事で

その面影を残す事が出来ました。

新たにセンターストーンとして片側だけになってしまった

ピアスのダイヤモンドを配置。

石座の高さを調整する事で側面から見た時のバランスを取っています。



元々センター部分に使用されていたダイヤモンドは腕に配置。

とは言うものの、石を留める事を前提に作られていなかった腕は

地金の厚みが足りませんでした。

そこで腕の裏から地金を足して

石を留めるのに必要な厚みを確保しました。

腕を補強せずに石留め出来るかもしれませんが

地金の厚みが薄い腕にダイヤモンドを配置する為の穴を開ければ

強度が不足してしまうのは確実です。

そのまま使用した場合、強度不足で衝撃が加わった時に

変形や破断の原因になってしまうでしょう。

だからこそ、補強が必要なのです。

こうした見えない部分の細かな修正があるからこそ

安心してジュエリーをお使い頂けるのです。

当たり前の様で当たり前ではない事を

私達は実践しています。

それはこれまでも

そしてこれからも変わる事はありません。

全てはお客様の笑顔の為に。

 

先日はお忙しいところお越し下さり

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/02/22963/