受け継がれるダイヤモンドの婚約指輪。

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたダイヤモンドの婚約指輪(エンゲージリング)。

婚約指輪をご家族から受け継がれる事は

欧米では珍しい事ではありません。

日本でも今後増えていくのかもしれませんね。

受け継がれる時にダイヤモンドを残し

デザインを全て変えてしまう場合と

デザインを全て変えずに一部手直しする事で

イメージチェンジをする場合があります。

今回は後者。

一部手直しをしてイメージチェンジを行いました。



高くそびえ立っていた石座。

以前はダイヤモンドを大きく立派に見せる為に

石座を高く大きくデザインする傾向にありました。

現在はお洋服への引っ掛かりや

普段使いも出来る様に爪を小さくし

高さも出来る限り低くセットするデザインが主流です。

元の石座を切り取り新たな石座をセット。

新たな石座の高さに合わせ腕のフォルムを調整。

こうする事で元の腕を残しつつ

現代のデザインにイメージチェンジする事が出来るのです。



先日はお忙しいところお越し下さり

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/11/22336/