中央線コーヒーフェスティバル 2019 autumn

気になっていたイベントに行く事が出来ました!



中央線コーヒーフェスティバル!

東小金井駅からガード下を新宿方面に少し歩いたところに

20前後のカフェが出店し

試飲(有料)出来ちゃうという素敵なイベント。

私の行動範囲ではない地域のカフェも出店しているので

とても楽しみにしていました。

スケジュール的に行かれないと思っていただけに

嬉しさ倍増です!



まずは受付で飲み比べチケットを1000円で購入します。

チケット5枚と紙コップを5つ受け取りスタート。



1杯目。

「ネルドリップ珈琲普及協会」さんのJIJIブレンド。

イエメンとブラジルのブレンドで深炒り。

豆の使用量がかなり多いという事で

かなり濃厚な味わいでした。

しかし、苦味が適度に抑えられているのは

ネルドリップのなせる業なのでしょう。



2杯目。

パプアニューギニア産、天空の森  修道院のコーヒー。

標高1800メートルの高地で育てられた豆は

コクがあり深い苦味を楽しむ事が出来ました。

後味がすっきりなのも印象に残っています。



3杯目。

『シモト珈琲』さんのコートジボワール。

これ、珈琲ではないほうじ茶の様な香り。

ブレンドや、インスタント珈琲に用いられる事が多いらしく

単体で提供される事がとても少ないそうです。

柔らかな苦味はまさにほうじ茶のそれ。

ちょっと癖になりそうな珈琲です。



4杯目。

『珈琲丸』さんのマラウイ。

1200メートル~2500メートルの高地で栽培される豆は

柑橘系の様な爽やかな酸味を感じました。

深煎りにする事でコクと甘味も同時に味わえるという

なんとも贅沢な珈琲。



5杯目。

『きままカフェ』さんの香りのモカ。

最後の1杯はこちらのモカに決めていました。

チョコレートの様な力強い香りに吸い寄せられていた来場者が多かったですね。

もちろん私もその1人。

香りだけでなく、程よい酸味が心地よかったのが

とても印象的でした。

短時間ではありましたが

これだけ多くのカフェの珈琲を楽しめるなんて

幸せ以外のなにものでもありません。

今から次回の開催が楽しみです。

 

 

 

 

タグ: | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/11/22324/