息子を支えてくれた2台の練習専用バイク

先日、息子がお世話になった学校の部室に

保管して頂いていたバイク達を引き取りに行きました。



これまで何度も通った場所ですが

クルマでここに来るのも最後かと思うと

感慨深いものがあります。



PINARELLO RAZHA

カーボンフレームの入門車ですが

走り味はPINARELLOらしさを感じられます。

入門車故に重量はやや重めですが

1850ワットを越える息子のパワーにも

へこたれない剛性感はさすがです。

3本ローラーによる室内練、

ロード練、

更には「練習」と捉えていたセンバツの

オープニングロードで優勝に導いてくれたり

本当に大活躍のバイクでした。

67アルテグラで組まれた極々普通のバイクですが

基本に忠実な素晴らしいバイク。

余生は私のサイクリングと通勤で活躍してもらう予定。



MAKINO Pist Bike

私達はどちらかと言えばピスト否定派でした。

そんな私達がなぜ息子の為にピストを用意したか。

それはお世話になった学校の先生やショップの方々が

「ピストでペダリングの矯正をした方が良い。」

そう口を揃えておっしゃったから。

学校からお借りしていたカーボンピストは本番用なので

このMAKINOは3本ローラー専用です。

ちょっと勿体ない気がしましたが

導入した意義は十分に感じられました。

このMAKINO無しでは現在のスムーズなペダリングは

無かったと思います。

剛性の塊だった競輪用のクロモリフレーム、

そしてハンドルとステムもNJS認定のクロモリ製という

超硬派なピストですがもがき倒されお疲れ気味。

でも、シーズン終了して息子が帰国した時には

再び活躍してくれるでしょう。

その時の為に、しっかり整備しておかなくちゃ!

タグ:
URL: https://emu-jewelry.jp/2018/02/18460/