池袋『皇琲亭』ヴィンテージ・モカ

昨日のお話し。

雨でずぶ濡れになって辿り着いた池袋。

吉祥寺に戻る前に美味しい珈琲で温まりたいと思い

飛び込んだお店がこちら。

池袋

『皇琲亭』さん。

ずいぶん前から気になっていたのですが

なかなかタイミングが合わなくて、ようやくお邪魔できました。

店内の照明が程よい明るさで落ち着きます。

そして店内は珈琲の香りでいっぱい。

更に、しっかり分煙されているのもポイント高いですね。

禁煙室は小さな部屋になっていて特別感があって好きかも。

池袋

ヴィンテージ・モカ

『ヴィンテージ』その名のとおりヴィンテージな珈琲豆を使用しているらしく

この日は1994年産のモカだったそうです。

20年モノの珈琲豆で淹れた珈琲は、いったいどんな味がするんでしょう?

興味津々です。

 

注文が入ってから豆を挽いて

一杯一杯丁寧に淹れる。

そんな作業を見ているのも楽しいですね。

誰かの為に淹れた珈琲ではなく、私の為に淹れてくれた一杯。

ちょっと特別な気がしますよね。

 

ヴィンテージ・モカが私の目の前に表れました。

強烈な存在感を示す素敵な香り。

口に含んだ瞬間はあっさりしているのに

後から来る重圧な味。

20年もの熟成期間はモカの味をここまで深いものにするんですね。

どういった方法で熟成したかなんて、私の様な素人には分かるはずもありません。

ただ、その20年の歳月が

珈琲を確実に美味しくしてくれたという事だけは分かりました。

池袋で寄り道する場所が増えた気がします。

タグ: | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/03/13482/