スピネルという宝石をご存知ですか?

本日のジュエリー。



スピネルのルース(裸石)です。

1.02cts.

約6.8㎜(縦)×約6.1㎜(横)×約3.4㎜(高さ)

モース硬度は7.5~8.0

ガラス光沢を持ち等軸結晶から成ります。

産地はミャンマー及びスリランカ。

八面体の結晶の端が尖っている事からラテン語で「刺」を意味する

「スピナ」が名前の由来となっているそうです。



レッドスピネルの色がルビーに似ている事や

コランダムの紘床近くで産出されていた事もあり

ルビーだと思われてきました。

イギリス王家に伝わる352カラットの「ティモールルビー」や

170カラットの「黒太子のルビー」が

実はルビーではなくスピネルだったというエピソードも興味深いですね。

1783年、科学的根拠のもと

ようやくスピネルとルビーの違いが明確になった様です。



そんなスピネルですが

ご存知ない方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、産出量は非常に少なく

ルビーには遠く及びません。

よって市場に出回る事も多くはありません。

そんな希少石のスピネルですからコレクション的な要素が強く

ルース(裸石)のまま楽しむ方も多いそうです。

しかし、モース硬度は7.5~8.0と

ジュエリーに仕立てて楽しんで頂ける範囲にあると言えます。

イギリスのヘンリー5世を守った「黒太子のルビー」の様に

御守りとして身に着けてみては如何でしょうか?

 

※1.02カラットのスピネルは1個のみです。売り切れの際はご容赦下さい。

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/04/23476/