Léon Perdigal Côtes du Rhône Rouge

今週末は東京都による

「行動自粛要請」によりお休みを頂いています。

とは言うものの、しっかりと仕事を持ち帰り

普段できない業務を粛々とこなし

ちょっとだけすっきりしました。



さて、今日のお楽しみ。

フランスワインのお時間です。(笑)

Léon Perdigal Côtes du Rhône Rouge

生産地はフランスのコート・デュ・ローヌ地方。

南フランスの中でもやや東寄り。

息子が住んでいる同じ南フランスのドルドーニュからは

約500キロに位置しています。

って、地図で見ると近く感じるんですが

かなり遠いんですね。

フランスって広いんだと改めて感じました。

生産者はOGIER(オジェ)

1859年創業以来シャトーヌフ・デュ・パプ地区でワインを造り続け

その品質は国内外の国際的コンクールで高い評価を受けているそうです。



葡萄品種はグルナッシュ85%、シラー5%、ムールヴェードル5%、サンソー5%

カシスやジャム等のベリー系の香り。

果実味たっぷりの口当たり。

酸味と果実味のバランスが絶妙。

しっかりした口当たり。

旨くてスパイシー。

さて、果たしてワイン初心者な私にそれが感じられるんでしょうか?



 

かなり濃厚。

そして甘酸っぱい。

とは言うものの、酸味は控えめで甘さの方が強く感じるのですが

かといって甘過ぎる訳ではない。

ボルドーワインの様なズシンと来る重さではなく

爽やかさを感じさせつつ濃い。

矛盾しているかもしれませんが

それが絶妙にバランスされていると感じました。

コストパフォーマンスも含め、かなり好きなワインでした。

 

 

 

タグ:
URL: https://emu-jewelry.jp/2020/03/23269/