トリプルエクセレント、更にハート&キューピット!

ダイヤモンドにご興味がない方にはさっぱり意味が分からないタイトル。

でも、ダイヤモンドにご興味がある方で

婚約指輪(エンゲージリング)を探されている方ならお分かり頂けるはず。

ダイヤモンドは4つの“C”により評価されています。

CARAT(カラット)は重量。

COLOUR(カラー)は色。

CRALITY(クラリティ)は透明度。

CUT(カット)は理想のカットにどれだけ近いプロポーションか。

ダイヤモンド

トリプルエクセレントもハート&キューピットもCUT(カット)にまつわる言葉。

CUT(カット)は以下の5段階で評価されます。

EXCELLENT(エクセレント)

VERY GOOD(ベリーグッド)

GOOD(グッド)

FAIR(フェアー)

POUR(プアー)

理想のプロポーションがEXCELLENT(エクセレント)で

そこから離れていくとグレードが下がっていきます。

CUT(カット)は4Cの中で唯一人為的に操作ができるグレードでもあります。

理想のプロポーションに近づけたければ、どんどん削れば良いわけです。

しかしなから、どんどん削れば原石からの歩留まりが悪くなります。

カッターは原石の歩留まりを確保しつつ、

理想のプロポーションにどれだけ近づける事ができるかで

技量を計る事が出来るんですね。

このブログ、同業の方もご覧になっている様ですのでこの辺にします。(笑)

ダイヤモンド

で、話は脱線しましたがトリプルエクセレント。

これはCUT(カット)が

EXCELLENT(エクセレント)なのは言うまでもありませんが

表面の研磨状態も最高評価のEXCELLENT(エクセレント)であり

ファセット(面)の対象性も

最高評価のEXCELLENT(エクセレント)に与えられるのが

トリプルエクセレントなのです。

CUT(カット)においては、まさに理想のダイヤモンドなのです。

これに加えハート&キューピットって?

ファセット(面)の対象性が正確なダイヤモンドであれば

特殊なスコープで見るとダイヤモンドに8つのハートと

8本にキューピットの矢が見えるんです。

ハートとキューピットの矢が宿るダイヤモンドの輝きは

理想のプロポーションに研磨されている事の証です。

そんな理想のプロポーションを持ったダイヤモンドが入荷しました。

と、ご紹介しようと思っていたのですが・・・。

入荷してすぐに売約済みとなりました。

たまたま下見でいらしたお二人でしたが、その美しさに一目惚れ。

ありがとうございます。

丁寧にお作りしますので、少々お待ち下さい。

ルースの状態も美しいのですが

リングになった時の姿は更に美しいものとなります。

ご期待下さい。

⇒ Emu 婚約指輪 のご案内
⇒ Emu 結婚指輪 のご案内

吉祥寺 婚約指輪 結婚指輪 ブライダルジュエリー「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2014/12/9489/