Valvoline VR-1 20w-50

今日は我が家の愛車のお話。



エンジンオイルについて。

我が家の愛車は1997年式のクラシックミニ。

誕生から約20年経ちますが

設計は更に古く約半世紀前になります。

エンジンの真下のトランスミッションがある

特殊な2階建て構造。

更にエンジンオイルとミッションオイルが共用という

オイルにとっては非常に過酷な環境です。

そんな過酷な環境でも安定した性能をキープ出来る

頼もしいオイルがValvoline VR1です。

やや粘度は高めですが

一年を通してこのオイルを使い続けています。

既に85,000kmオーバーですが

今のところエンジンには全く問題がありません。

という事は、エンジンオイルの選択に

間違いが無かったと言っても差し支えないでしょう。

もちろん、定期的なオイル交換を 欠かさなかったのも

ノントラブルで走り続けていられる要因なのだと思います。

「クラシックミニは壊れやすい。」

そんな事を言われる事もありますが

きちんとメンテナンスしてあげれば

まだまだ走り続ける事が出来るでしょう。

形あるものはメンテナンスが大事なんです。

それはクルマであってもジュエリーであっても同じ事。

私にとってはどちらもタカラモノ。

タグ: | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/11/17855/