クラシック・ミニのダイヤフラムを交換。

今日はもはや家族の一員である愛車のお話。



1997年式のミニ・クーパー。

20年も一緒にいると愛着が沸くとかいうレベルではありません。

なくてはならないもの。

本当に家族の一員なんだと感じています。



そんな家族の一員であるミニですが

20年も経てばあちらこちら壊れてきます。

でも、壊れたら直せば良いんです。

それがイギリス車本来の楽しみ方でもあるんですから。

で、今回壊れてくれたのはシート。

突然着座位置が盛大に下がりました。

まるでバケットシートの様な包まれ感で

これはこれで良いかも?

いや、良くないですね。(笑)



シートの下を覗いてみると・・・。

ダイヤフラムと呼ばれるクッションが派手に破けています。

これでは身体をしっかり支える事が出来ませんね。

これは修理ではなく、パーツ交換となるそうです。



作業は主治医である『OVER TAKE』さんにお願いしました。

最終モデルが生産終了してから17年経っても

新品の純正パーツがきちんと供給されているのは驚きです。

これもまたイギリス車ならではと言えるでしょう。

これでまた安心して楽しむ事が出来るクルマになりました。

作業して下さった『OVER TAKE』さんに感謝。

ありがとうございました!

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/06/16799/