PINARELLO PARIS 50-1.5 THINK2

昨年末から動き始めました。

息子のPINARELLO ROKHに代わる戦闘機探し。

PINARELLO ROKH

PINARELLO ROKHは素晴らしいバイクです。

しかし、生粋のレーシングバイクではありません。

あくまでも快適に長距離を走る為のラグジュアリーバイクです。

もちろん、PINARELLOというレーシングブランドゆえ

そのポテンシャルは十分過ぎるものですが・・・。

U17・U19カテゴリーとはいえ、

ライバル達が更にポテンシャルの高いレーシングバイクで戦っている現状では

やや劣勢に立たされていると言っても過言ではないでしょう。

もちろん

「高校生には勿体ない!」

「親が甘やかし過ぎ!」

というご意見があるならば、それはしっかりと受け止めます。

しかし、今の状況では更に上を目指すならば仕方がないと感じています。

もちろん、選手のポテンシャルが大事だというのも理解した上でのお話です。

PINARELLO PARIS

PINARELLO PARIS

2014年当時、DOGMA 65.1に次ぐセカンドグレードとはいえ

紛れもなく生粋のレーシングモデルです。

PINARELLO PARIS

現在のPINARELLOはDOGMA F8を筆頭に

緩やかなカーブを描くONDAフォークに変更されましたが

PARISのそれは、いかにもPINARELLOらしいカーブを描いています。

PINARELLO PARIS

シートステイのONDAも美しいカーブを描いています。

もちろん、現行モデルのONDAも美しいのですが

私達親子はこの絶妙な美しいカーブにやられ続けています。

PINARELLO PARIS

PINARELLOといえば

左右非対称なアンシンメトリックなデザインが特徴です。

もちろんPARISもアンシンメトリックデザインを採用しています。

PINARELLO PARIS

ダウンチューブ。

ROKHよりもリブが少なくなったのは空気抵抗を意識したから?

PINARELLO PARIS

トップチューブもアンシンメトリック。

PINARELLO PARIS

もちろん、きちんとした理論に基づいて設計されたものですが

「デザイン優先なの?」

と思ってしまうほど美しいですね。

PINARELLO PARIS

トップチューブ上部後方には創業者ジョバンニ・ピナレロのサイン。

そして側面にはTORAYCAのロゴが誇らしげに描かれています。

PINARELLO PARIS

トップチューブ前方にもロゴが並びます。

PARIS

ASYM SYSTEM

50HM1.5

PINARELLO LAB

ユーザーの所有する喜びを高めてくれる演出ですね。

PINARELLO PARIS

ROKHのヘッドカバーは金属製でしたが、PARISはカーボン製になりました。

PINARELLO PARIS

シートクランプもカーボン製?

それともアルミにカーボンをラッピングしてるのでしょうか?

いずれにしても高級感を高めてくれる演出ですね。

PINARELLO PARIS

ヘッドチューブのボリュームはROKHの方が上かもしれません。

かなりスマートになった印象。

Think2ですからコンポは紐でも電動でも大丈夫。

でも、電動にする予定はありません。

PINARELLO PARISコンポ、ホイール、その他ハンドル等々はROKHから移植しました。

KSYRIUM 125とのカラーコーディネートがやや心配でしたが

意外なほどマッチしていました。

戦闘機とはいえ、やはり見た目性能も気にしたいところ。

カッコイイ方がモチベーションも上がりますよね?

PINARELLO PARIS

さて、あとは結果を残すだけ。

2016年は息子にとって色々な意味で勝負の年です。

「日々成長あるのみ。後退なんてあり得ない。」

この言葉を胸に、全力で突き進んでいきます。

 

※PINARELLO PARISを完璧に組んで下さった『イル・クオーレ』さんに感謝!

 

タグ:
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/02/13160/