ブレスレットを修理しました

お客様からお預かりしたジュエリー。

リペア前

プラチナとゴールドのブレスレットです。

丸カンの口が開いてしまっています。

そして時間の経過と共に地金の表面がくすんでしまった様です。

ゴールドの部分はやや赤っぽくなってしまい

本来の美しさが失われた状態です。

リペア後

丸カンが開いてしまった箇所をしっかりロー付け。

地金全体をポリッシュする事で本来の美しさが蘇りました。

ジュエリーはメンテナンスが必要。

メンテナンスをしてあげる事で魅力的な輝きを放つのです。

 

今回の様に丸カンの口が開いてしまった場合はもちろん

「なんとなく輝きが失われた気がする・・・。」

なんて感じた時も是非ご相談下さい。

しっかりとメンテナンスさせて頂きます。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2015/10/12277/