何度も同じ箇所が壊れるブローチ

お客様からお預かりした他店で購入された南洋真珠のブローチ。

双子珠の隙間に地金を巻いた構造になっていました。

その巻いた地金に首折れタイプのブローチ針。

その首折れの部分が何度も折れてしまうそうです。

その度にロー付けでリペア(修理)

何度もリペアをしなければいけないという事は

構造上問題がある可能性があります。

ブローチ修理

だとしたら、同じ様にロー付けでリペアしても

再び壊れてしまう可能性が大きいんですね。

では、どうしたら良いのでしょう?

構造上の問題を解決しなければいけません。

首折れタイプの針は、

どうしても地金が折れ曲がった部分に負荷がかかります。

これを何とかしなければ・・・。

解決策としては、真珠の底部分に穴あけをして

そこに真っ直ぐなブローチの針を移設する方法がベターでしょう。

真っ直ぐな針ならば負荷が少なくて済みます。

折れてしまう可能性もグッと減りますね。

これで安心してお使い頂けるブローチになりました。

宝石箱にしまっておくのは勿体ない。

どんどん使って下さいね。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2015/04/10896/