SHIMANO SP-7410に交換しました!

今日は自転車のお話です。

ご興味ない方はスルーして下さいね。(笑)

PINARELLO MONTELLO私のタカラモノ。

PINARELLO MONTELLO

たぶん1984年製の古いロードバイク。

友人から譲り受けたフレームをお気に入りのパーツで固めました。

しかし、一箇所だけ妥協点がありました。

それはシートポスト。

PINARELLO MONTELLO使用しているコンポが全て7800系DURA-ACEですから

シートポストもDURA-ACEにしたかったんです。

しかし、DURA-ACEのシートポストは既に絶版。

名品ゆえ、簡単には手に入りません。

でもね、奇跡的に良い状態のものを手に入れる事が出来たんです。

って、ここまでは以前の記事で書いてましたね。

あれから半年。

ようやく交換しました。

sp-7410

画像左側がSHIMANO SP-7410

右側が某国産ブランド品。

SP-7410が全て円筒形であるのに対し

某国産ブランド品はカンパのシートポストの様にエアロ形状。

かなり良い雰囲気ですよね。

でも、私のMONTELLOのコンポはSHIMANO DURA-ACE

やっぱり、カンパじゃなくSHIMANOで統一したいですよね。

SP-7410ヤグラ部分の比較。

画像左側のSP-7410のヤグラは余計なものがそぎ落とされています。

無駄がないですね。

sp-7410凄いなって思ったのがボルトの軽量化。

ボルトの芯の部分が肉抜きされています。

普通、ここまでしてないですよね。

某国産ブランド品のボルトと比較すれば一目瞭然です。

sp-7410パイプ径はいずれも27.2mm

違うのはそのパイプの肉厚です。

この画像だけ左右逆になっちゃいましたが右側がSP-7410です。

左側の某国産ブランド品のパイプと肉厚がこれだけ違います。

これだけ薄くても強度が保たれているのは

EASTON製のパイプを使用しているからなのでしょうか?

 

これらの涙ぐましい努力というか

SHIMANOの執念が実ったからなのか

重量は190g(実測)しかありません。

某国産ブランド品の重量は290g(実測)でしたから

SP-7410がいかに軽量かお分かり頂けるでしょう。

実際に持ち比べてみると軽い!

一気に100gの軽量化は嬉しいですね~。

 

で、装着後の画像ですが・・・。

ありません。

ただ今、PINARELLO MONTELLOは入院中です。

やっちゃいました。

素人の私には手に負えません。

詳細は後日お伝えします・・・。

タグ: | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2014/10/8856/