自家製マスクの作り方。

世界中が新型コロナウィルスに振り回されていますね。

様々な面で影響が出始めています。

そんな中でも無いと困るものがマスク。

もちろん私達以上に

マスク無いと困る方々がいらっしゃるのは承知しています。

だけど、私達もマスクが欲しいのは偽らざる気持ちです。

では、入荷数が少ないマスクを求めてドラッグストアの行列に並ぶ?

いや、元々行列に並ぶの好きではないですし(笑)

今の状況で行列に並ぶのはリスクが高い気がします。

ではどうするか?

作れば良いんです。

って、偉そうに言ってますが

作ってくれたのは息子でもなく私でもなく

娘と妻なんですけどね。(笑)

https://www.oharico.net/3d-mask.html?type=AMP

こんなサイトを発見。

ダウンロードして型紙を使用すれば自家製マスクが出来ちゃいます。

自家製 マスク 作り方 新型コロナウィルス

表地はオーガニックコットンのワッフル生地。

これを型紙に合わせてチョキチョキ。



裏地もオーガニックコットンですが

こちらはガーゼ素材ですね。

とても肌触りが良く心地良い。

直接肌に触れる部分だけにこだわりたいところですね。



出来上がった時に表にしたい面同士を合わせて

表地と裏地をミシンで縫います。

ミシンが無ければ手縫いでも大丈夫。



オプション。

市販の使用済みマスクから取り出した

鼻部分にフィットさせる為の針金。

これがあると顔とマスクの密着度が高まるので

より効果的なマスクになるでしょう。

一般的な針金でも代用出来ると思いますが

布マスクは洗濯して繰り返し使用する事を考えれば

ビニール等でコーティングされたものの方が

錆びるリスクが軽減できるのではないかと思います。



表地と裏地が縫えたらひっくり返します。

耳にかけるゴム紐の通し穴も縫って確保。



鼻部分にフィットさせる為の針金を入れ

しっかり縫って固定。



お好みの長さに切ったゴム紐を通して結びます。

結び目をマスク本体内に隠せば完成です。



立体構造なので圧迫感が低く快適。

針金を入れた事で顔とマスクの密着度も高いので

機能性も保たれているのではないかと思います。

もちろん、この自家製マスクがどれだけ効果あるかは

専門家ではない私達にはわかりませんが

マスクを使わないよりは使った方が良いのではと考えます。

お子さんと一緒に色々な柄や素材で作るのも楽しいかもしれませんね。

 

 

 

 

タグ: | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/04/23307/