JBCF 石川 サイクルロードレース

日曜日、息子がJBCF石川に参加しました。

息子は高体連所属なのでJBCFには登録していませんが

今回は臨時登録という事で走る事が出来ました。

で、なぜ臨時登録までして

福島県で開催されたレースに参加したかというと・・・。

今年のインターハイのロードレースの舞台が

まさにここ福島県石川町だからなんです。

コースも一部変更区間があるものの

ほぼ同じレイアウトという事ですから

目的はインターハイの試走という事になります。

同じ事を考えている高校生が大勢いた為、出走は128人。



パレードラン後、早速「逃げ」があった様です。

というか、多くの選手が積極的に「逃げ」を狙いました。

もちろん、息子も「逃げ」を狙いましたが

そんな簡単に決まる状況ではありませんでした。

アップダウンが多い山岳コースですから

体重の軽い選手が有利なのは言うまでもありません。

決して軽量とは言えない息子にとっては

有利とは言えないコースレイアウト。

でもね、そんな事は言ってられないんです。



最終周回。

全ての「逃げ」が吸収されフリダシ状態。

30名弱に絞られたメイン集団は臨戦態勢です。

「逃げ」を試みる選手。

集団内で最終局面に向けて脚を貯める選手。

集団に留まるのが精一杯な選手。

それぞれがそれぞれの思惑を秘め、

ゴールに向かって突き進みます。



ゴール前に3人の選手が戻って来ました。

上りスプリントは見応えがあり迫力満点。

しかし、その中に息子の姿はありません。

トップから15秒差の6位で終了。

完全に力負け。

これが今の実力です。

さて、どうする?

何をすれば良い?

何が出来るのか。

何をしなければならないのか

しっかり考えて次に進もう。

でも、その前に一旦心も身体もリセット。

それからでも遅くないよ。

焦らず、一歩一歩確実に進んで行こう。

jbcf石川 入賞商品



主催者および関係者の皆さま、

引率して下さった先生、

そしてご支援とご声援下さった全ての皆さまに感謝。

ありがとうございました。

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/07/17101/