難易度の高いジュエリーリメイク

本日のジュエリー。

リメイク前

お客様からお預かりした某海外ブランドのリング。

リメイク前

大きなムーンストーンを2本の腕で支えている構造です。

とても斬新で素敵なデザインですね。

しかし、問題発生!

石座がムーンストーンの底を支えてるだけで

石の側面をガードするものが何もありません。

万が一、リングを何かにぶつけてしまったら大変ですね。

リカット前

起こるべくして起きてしまった割れ。

右手前に見える傷が、ぶつけてしまった時に出来た傷。

赤い印しが付いてる部分は石を腕で留める際に出来た傷。

こんな時は石をリカットするしかありません。

リカット後

石の高さ(深さ)をなるべく残しつつリカットしてもらいました。

カラーストーンは石の高さ(深さ)によって色が変化してしまうので

なるべく高さ(深さ)を残す様にリカットしてもらいました。

リメイク中

石をリカットしている間に枠(リング)のリメイクも同時進行。

石座の側面が無かった事により石を守れなかった。

ならば石座の側面を作ってあげれば良いのです。

そうする事により石が剥き出しにならず

石が傷ついてしまうリスクを軽減してくれます。

爪も石に負担がかからない通常の4本爪に変更しました。

と、簡単に書いてますが・・・。

かなり大幅な構造変更なので、職人さんは大変だった様です。

素材はK18ホワイトゴールドでしたが

海外のものは割金の成文が違うのか、異常に堅い!

しっかりとした技術を持ち、経験を積んだ職人さんでなければ

今回のリメイクは不可能だったでしょう。

それほど今回のリメイクは難易度が高いものでした。

リメイク後

リメイク後の姿。

リメイク前の姿と比較して頂いても違和感の無い仕上がりです。

しかし、確実に使い勝手は向上し

安全性も格段に上がっています。

もちろん、ムーンストーンは硬度が高い宝石ではありませんから

ぶつけない様にお使い頂きたいという前提は変わりませんが

リメイク前よりも確実に使いやすくなっています。

これならば一緒にお出かけする機会がぐっと増えそうですね!

 

先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

またのご来店を心よりお待ちしております。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/09/14541/