CYCLE MODE 2015 ②

なかなか書くチャンスがありませんでしたが

CYCLE MODE 2015の続き。

今年もじっくり見る時間は無かったので個人的に気になるブースだけ。

CYCLE MODE

まずはDe Rosaから。

ニューモデルのSKです。

De Rosa初のエアロモデルで、あのpininfarinaと共同開発した意欲作。

これ、めちゃくちゃカッコイイ!

CYCLE MODE

SKに付いてたこのホイールもカッコイイですね。

っていうか、pininfarinaのロゴが入ってるだけでカッコ良く見える。(笑)

CYCLE MODE

同じくDe RosaのTITANIO

最後はこれかなって思っています。

チタン特有の鈍い輝きが魅力的ですね。

CYCLE MODEシマノの後を追う形で4アームとなったカンパ。

カンパユーザーではない私から見るとカンパらしさが無くなった気がします。

「じゃあ、カンパらしさって何?」

って聞かれると困ってしまいますが・・・。

CYCLE MODE

やはり従来の5アームの方が魅力的に見えてしまいます。

ピカピカにポリッシュされた質感も素敵です。

CYCLE MODE

そうそう、カンパといえばこのホイール。

KHAMSIN

気軽にカンパのホイールを楽しむ事が出来るという意味では

非常に存在意義が大きなホイールだと思います。

友人もこのホイールに注目してる様なのでアップ。

ホイールを交換するだけでガラッと雰囲気が変わりますよね。

Deda

息子も私も愛用しているDedaの新作スーパーゼロ。

最高峰モデルのスーパーレジェラよりも若干重量がある様ですが

その分お値段も若干リーズナブル。

BOBのロゴがスタイリッシュでカッコイイですね。

かなり気になる存在です。

CYCLE MODE

CANYON

店頭に置かれる事が無いブランドだけに注目度が高かった様です。

特にこのバイクは・・・。

CYCLEMODE

キンタナの実車?

サブバイクかもしれませんが、注目度抜群でした。

CYCLE MODE

ENVE

気になるのはその製法。

CYCLEMODE

カーボンリムって成形した後にスポークホールを空けるらしいんです。

しかし、ENVEは最初からスポークホールを空けた状態で成形。

強度的にはその方が有利だという説明をされていました。

たしかにスポークホールにはカーボンの繊維らしきものは皆無。

うぅぅん、気になるけど高いですね。(笑)

CYCLE MODE

LEZYNE STRIP DRIVE

LEZYNEの新作テールランプ。

これ絶対に欲しい!

CYCLE MODE

だってエアロシートポストに対応してるんですもん!

こういうの待ってたんです。

これ、絶対に買います!(笑)

CYCLE MODE

同じくLEZYNEですが、こちらはBROOKSのブースに展示されていたFEMTO

BROOKSのイメージに合わせゴールド!

これはBROOKSのサドルと合わせて使いたいですね。

いつかはBROOKS!

 

という事で、今日はここまで。

まだまだ魅力的な自転車やパーツがあります。

憧れだったり、実際に手が届きそうなものまでたくさん。

『CYCLE MODE 2015 ③』に続きますのでお楽しみに!

 

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2015/11/12610/