CYCLE MODE 2015 ①

今年のサイクルモードは

2年に1度開催されるモーターショーと見事に被りましたね。

本当は両方行きたかったのですがそうもいきません。

で、選んだのはサイクルモードでした。

クルマに興味が無くなったわけではないんですけどね・・・。

サイクルモード

で、そのサイクルモード。

更に主要メーカーの出展が減った気がします。

気のせいですか?

ユーザーの気持ちはこれまで以上に盛り上がってる様に感じますが

メーカーさんの気持ちはどうなんでしょうね?

私には難しい事はわかりませんが・・・。

モーターショー

まずはピナレロ!

このメーカーが出展してくれるならば

私は無条件でサイクルモードに足を運ぶでしょう。

サイクルモード

DOGMAとDOGMA K8-S

もう王者の風格が漂っていますね。

サイクルモード

GAN RS

DOGMA F8のエッセンスをふんだんに盛り込んだピナレロの主力モデル。

サイクルモード

シートポストはもちろん、

サイクルモード

ステムも独自規格に。

最近の流れと言えばそれまでですが、

自分好みのパーツで組むという楽しみは減っていきますね。

でも、メーカーが考える最善のパーツで

自転車を構成するのは当たり前の事かもしれません。

今後、この独自規格のパーツを採用する流れは更に加速して行きそうな予感。

サイクルモード

RAZHA

息子が練習専用機として使っているので気になります。

2016年モデルも基本はそう大きく変わっていない気がしますが

カラーリングに高級感が出てきましたね。

これ、パーツを交換してあげる事で化けますよ。

特にホイールを交換すると全く別物になるでしょう。

パーツを交換して走りの変化を楽しむ事が出来るモデルだと思います。

サイクルモード

ROKH

息子の戦闘機の2016年モデル。

こちらも大きな変化は無い様子。

しかし、こちらもカラーリングに高級感が出ましたね。

BOBが流行していますが、このROKHのBOBは色気がありました。

身体に疲労を蓄積させない為の設計はロングライドにはもちろん

長丁場のレースにも良いみたいです。

サイクルモード

PRINCE

中身はほぼDOGMA2?

噂ではグレード名を隠してしまえば違いが分からないとか・・・。

息子の時期戦闘機?

サイクルモード

BOLID

ウィギンスがアワーレコードを記録したTTバイクの実車。

主役級の存在感があるにもかかわらず、ひっそりと展示されていました。

サイクルモード

このBOLIDはスペシャルパーツがてんこ盛り。

いや、このBOLID自体がスペシャルな存在です。

DHバーだって、ご覧のとうりスペシャル。

サイクルモード

シートポスト薄い!

サイクルモード

フレームとタイヤのクリアランスも凄いですね。

しかし、今まではここまで空力を突き詰めてどれだけ差が出るのか

やや疑問視していました。

しかし、息子がトラック競技でディスクホイールや

DHバーを使わせてもらえる様になりタイム短縮したという事実。

その効果は疑いの余地がありません。

サイクルモード

最後はモーターショーっぽい写真で(笑)ピナレロブースは終了。

その他はまた後日アップする予定です。

個人的に気になるものだけしか写真撮ってきていませんが

期間中会場に足を運べなかった方には楽しんで頂けるかもしれません。

 

 

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2015/11/12499/