翡翠のルースが入荷しています!

本日のジュエリー。



翡翠のルース。

25.39cts.

美しい彫りが特徴的。

丸カンを通す穴が開いているので、

バチカンを付ければ即ペンダントとしてご使用になれます。



翡翠のルース。

18.42cts.

こちらも美しい彫りが特徴的。

もちろん丸カンを通す穴が開いているので

バチカンを付ければ即ペンダントとしてご使用になれます。



翡翠のルース。

15.85cts.

こちらも美しい彫りが特徴的。

深い緑色が特徴です。

こちらも丸カンを通す穴が開いているので

バチカンを付ければ即ペンダントとしてご使用になれます。



翡翠のルース。

7.69cts.

こちらはカボションカット。

丸カンを付ける穴は開いていないので、

爪で留める枠をしっかりと作ってあげなければいけません。

だからこそ、ジュエリーとして昇華させる事が出来るのです。

脇役としてダイヤモンドを添えてあげると

一層華やかな雰囲気になりますね。



翡翠のルース。

3.15cts.

カラーストーンとしては小振りなサイズで

世代を問わず様々なスタイルで楽しんで頂けるでしょう。

ふっくらしたカボションカットは優しい雰囲気が魅力的。

やや明るめの緑色も素敵ですね。



ラベンダー翡翠のルース。

3.27cts.

人気急上昇のラベンダー翡翠は

それほど産出量が多くはないので、お値段も上昇気味。

そんな中で今回ご紹介するラベンダー翡翠は

「掘り出し物」と言って差し支えないものでしょう。

美しい紫色はとても優しい印象を与えてくれます。

サイズもカラーストーンとしては手頃なもので

ペンダントだけでなく、リングとしても使いやすいでしょう。



という事で、本日は翡翠特集でした。

翡翠はジェダイトと呼ばれる硬玉と呼ばれるものと

軟玉と呼ばれるものが存在します。

硬玉は日本でも古くから愛されている宝石で、

勾玉等にも用いられていますね。

対して、軟玉はネフライトと呼ばれ

多くは中国が産地で比較的リーズナブルな存在。

しかし、軟玉にも独自の魅力があり

必ずしも硬玉だけが魅力的な翡翠とは言い切れません。

ご自分の価値観に合った翡翠をお選び頂きたいと思います。

昨年、国石になったという事もあり再び人気が再燃焼してきた翡翠。

私自身も糸魚川産の翡翠をブレスレットにして身に着けていますが

カジュアルに使えるペンダントが欲しくなってきました。

翡翠、かなり気になる存在です。



※入荷した翡翠はそれぞれ1個ずつの入荷です。売り切れの際はご容赦下さい。
※お値段等、詳細につきましては店頭にてお問い合わせ下さい。

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: http://emu-jewelry.jp/2017/04/16450/