CYCLE MODE 2017 後編

昨日の続き、

CYCLE MODE 2017 後編です。



まずはsuginoさん。

息子がトラック競技を始めてから

どうにもトラック競技用パーツが気になります。

で、息子が学校からお借りしていたチェーンリング

super禅かと思ったけど、どうも様子が違う。

近付いてみると、やたらデカイ。

big禅って書いてある。

しかも66Tって、かなりデカイ!

息子が普段使っているのが52Tなのでその差は歴然。

これを廻しきれる人いるのかなぁ?

いるんだろうなぁ・・・。

とにかく、

カッコいいチェーンリングである事は間違いないでしょう。



次は私も息子も愛用中のselle italia。

特にSLR TEAM EDITIONは軽量なだけてなく

程よいクッション性が保たれているので

長時間・長距離走る私達親子にとって

なくてはならないサドルなんですが・・・。

穴あきのFLOWしか展示がない。

スタッフの方に聞いても

「FLOWがメインになってきたので通常版は廃盤かもしれません。」

って、本当ですか?

それが事実なら一大事。

穴あきはどうもね・・・。



続いてshimanoさん。

もしかしたらe-bike推しだったかもしれませんが

私はR9100系DURA-ACEのホイールが気になり過ぎて

他のアイテムはほとんど見れませんでした。

とにかくカッコいいんです。

カッコいいは正義。(笑)



カッコいい繋がりでfizik

R1がモデルチェンジしました。

R1B UOMOを愛用している息子は

かなり気になっていた様子。

ワイヤーの取り回しが変更になった他

素材も部分的に変更になった様です。



PINARELLO

カッコいいとか悪いとか、

もはやそういう次元で語られるメーカーではありません。

誰が何と言おうと絶対的王者である事は

誰も否定出来ないでしょう。



ツール・ド・フランスを制したフルームの実車。



こちらはヴェルタ・エスパーニャを制したフルームの実車。

息子はポジションの違いに興味津々でしたが

どうやら仮組みされた状態だったらしく

あまり参考にはなりませんでしたが

ホンモノが発するオーラは間違いなく伝わって来ました。



ラストはANCHOR

CYCLE MODEには出展せず神保町で

独自に2018年モデルの発表会を開催されていました。

会場入口にはBRIDGESTONEロゴのRS9とRT9。

通常のANCHORロゴとは違った独特の雰囲気で

こちらもホンモノである特別なオーラを感じました。

 

もっと見ていたかったのですが、残念ながら時間切れ。

たしかに完成車の展示が減ったCYCLE MODEではありますが

私みたいなパーツ好きにとっては

十分楽しめる内容だったと思います。

私達一般ユーザーにとっては気になるものが

まとめて見る事が出来る貴重な機会。

しっかりと楽しませて頂きました。



ご挨拶させて頂いたメーカーの皆さま、

お忙しいところありがとうございました。

また次回もお邪魔させて頂きますので

宜しくお願い致します!

 

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/11/17883/