2017 全日本選手権ロードレース

日曜日。

息子が島根県益田市で開催された

全日本選手権ロードレースに参加しました。



萩・石見空港への飛行機はあっという間に満席。

参加初年度の様に新幹線で広島入りし

そこからレンタカーという移動方法も検討しましたが

ローラー台等、大量の荷物を持って行く事を考えると

自宅からクルマで行くという方法が便利かもしれません。

片道950kmは楽ではありませんが

移動手段の道具としては非常に優れているクルマなので

選手である息子にとっても

ドライバーである私にとっても

身体への負担は最小限に留める事が出来ました。



前日の午前中には現地入り。

早速試走を開始しましたが、とにかく暑い。

サイコンの外気温は既に37度を越えていました。

走り慣れたコースだったので

路面等が昨年と大きな変化が無い事を確認。

早々に試走を終えました。

その後、

ライセンスコントロールとライダーズミーティング。

レース前日のスケジュールを終了しました。

 

宿泊先はメイン会場からクルマで40分程の場所。

益田駅周辺や、メイン会場に近い宿泊先はもちろん

益田市全域の宿泊先が満室状態。

益田市に宿泊出来なかった選手もいた様です。

宿泊先のご主人に聞いたところ

吹奏楽の大会スケジュールが全日本選手権と

丸かぶりだったそうです。

吹奏楽の大会も全国から参加者が集結するので

宿不足は仕方ないところですね。



当日は朝6時前には会場へ。

自転車の組み立て、ローラー台設置等々

サクサクこなして準備完了。

バイクチェックを済ませスタートの時を待ちます。

しかし・・・

暑い!

9時スタートのU17+U15の時点で既に30度越え。

U19が走り出す10時には

とんでもない気温に達していました。

暑さ対策は万全を期していたのですが・・・。



先週のインターハイ最終日。

食中毒で完走がやっとだった息子。

最善を尽くしましたが、その影響はまだ残っていました。

暑さ対策は十分に行ったつもりですが

それを上回る暑さ。

しかし、それは言い訳でしかありません。

速い選手は変わらず速かったのです。

完敗。

しかも酷暑の為、

予定よりも大幅に早く足切りが行われたので

初めてDNFのオマケ付き。

こうして息子の全日本選手権は終わりました。

また来年に向けて走り始めます。

 

主催者および関係者の皆さま、

機材面でご支援下さった皆さま、

現地でお世話になった皆さま、

そして応援して下さった全ての皆さまに感謝。

ありがとうございました。

 

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/08/17255/