いつも上手くいくとは限らない

息子の2016年初戦はシクロクロス。

『イル・クオーレ』さんのご厚意で乗らせて頂いている

Guerciotti REMBEEK DISK

意のままに走る事が出来る最高のシクロクロスバイクです。

そんなGuerciottiと向かったのは福島県郡山市。

なんとしてでも今大会でカテゴリー3に上がりたかった。

朝焼け

前泊で郡山に入り、翌朝会場へ向かいました。

会場に着くと素晴らしい朝焼け!

これを見る事が出来ただけでも幸せかも。

郡山

私がそんなのん気な事を言っていたからなのか

天気予報に反して雪が降ってきてしまいました。

あっという間に地面が白くなり始めるんですね。

ヤバイ・・・。

そんな中、息子は黙々とアップを始めてました。

カテゴリー3への昇格をかけてるので気合い入ってます。

郡山

息子が参戦するカテゴリー3+カテゴリー4は人数が多い(?)という理由で

AとBの2組に突然分けられました。

しかも、カテゴリー3とカテゴリー4に分けるのではなく

なぜかバッサリと半分に。

まぁ、気にしない気にしない・・・。

スタートはまたしても最後尾。

前回の湘南も最後尾でしたから問題ないはず。

たぶん・・・。

郡山

ところが、一周目中盤に集団落車が起きたそうです。

林の中のコースは全てふさがれ、後続組は巻き込まれこそしなかったものの

一緒に立ち往生してしまいました。

どんどん先に行ってしまう先頭集団を見送るしかなく・・・。

その後は一人一人パスしていくものの幅の狭いコースでは抜くポイントも少なく

先頭との差はどんどん広がるばかり。

しかし、最後まで諦めずに走り13位でフィニッシュ。

こういう時って焦って精神状態が不安定になりがちなんですが

なんとか平静を保って落車等が無かったのは良かったと思っています。

レースはミズモノ。

いつも上手くいくとは限りません。

色々とトラブルがありましたが、これも良い経験です。

今回のトラブルもしっかり糧として受け止めて次に繋げてほしいですね。

Guerciotti

今回も『イル・クオーレ』さんのご支援で気持ち良く走らせて頂きました。

ありがとうございました!

 

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/01/12997/