色違いの結婚指輪ってアリなんですか?

今日は水曜日。

design studio Emuは定休日を頂いておりますが

結婚指輪(マリッジリング)の納品で小金井は大忙しディエチ

来月ご結婚されるお二人が選ばれた結婚指輪(マリッジリング)は

Dieci(ディエチ)!

マイナビウェディングさんにご紹介頂いた「被らない指輪」の記事を偶然ご覧になり

年末に見に来てくださいました。

まさに「被らない結婚指輪」を探されていたお二人にとって

Dieci(ディエチ)はストライクど真ん中だった様で

迷う事なくご注文へとお話が進んでいきました。

しかし、その後に大きな壁が現れました。

なんと、お二人の色の好みが違ったんです。

彼はプラチナの白い輝きがとても気に入って下さいました。

お仕事中も身に着けるので

華やかなゴールドよりも自然な輝きのプラチナが良いというのも理由でした。

彼女はご自分に似合う色をご存知で、

普段から身に着けるジュエリーはゴールドばかり。

結婚指輪(マリッジリング)って全く同じものでなければならない。

そう思っていらっしゃる方が多いと思います。

私もこの仕事を始めるまではそう思っていました。

しかし、実際には全く同じ結婚指輪(マリッジリング)を

選んでいないお二人がけっこういらっしゃるんです。

例えば、地金の色は同じでもデザインが違う。

女性用にダイヤモンドが留まっていても男性用にはダイヤモンドが留まっていない。

こんな場合はまさしくそれですね。

今回のDieci(ディエチ)の様にデザインは同じでも

色(地金)が違うという場合もあります。

「一生を共にする」

という意味合いを持つ結婚指輪(マリッジリング)ですが

デザインや色(地金)が気に入らなくて身に着けないのでは本末転倒。

常に身に着け、

一生を共にできるお気に入りの結婚指輪(マリッジリング)である事。

これも大切な事ではないでしょうか。

一箇所でも共通点を作るだけでも良いのではないでしょうか。

例えば結婚指輪(マリッジリング)の裏に同じメッセージを刻印する。

そんな小さな事でも共通点があれば素敵だなって思います。

もっと自由な発想で結婚指輪(マリッジリング)を選ばれても良いでしょう。

そういった意味で、

今回それぞれがお好みのDieci(ディエチ)を選ばれた事はアリなのです。

とってもお似合いでした。

ありがとうございました。

結婚式が楽しみですね!

⇒ Emu 婚約指輪 のご案内
⇒ Emu 結婚指輪 のご案内

吉祥寺 婚約指輪 結婚指輪 ブライダルジュエリー「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2015/01/10052/