OPERA LEONARDOが完成するまで その1

私の新しい相棒であるPINARELLO DOGMA2にパーツを剥ぎ取られ

休眠状態にあるOPERA LEONARDO

PINARELLO初のカーボンフレームとして注目されたモデルですね。

今となっては旧いフレームですが

その走りは今でも十分に通用するもの。

OPERA

そんなフレームを寝かしておくのは勿体ない。

という事で、昨年末から復活させようとしていたのですが

吉祥寺のデザインスタジオを開設するのでいっぱいいっぱい。

全く手がつけられない状態でした。



書斎に転がっていたFULCRUM RACIG ZEROを履かせ

息子のPINARELLO ROKHからのオサガリであるMOSTのハンドルとステムを装着。

で、時間がかなり経ってしまいましたが作業再開です。

ROTOR

こんなものを手に入れました。

ROTOR Q-RINGS

楕円チェーンリングですね。

ついでにクランクも手に入れました。

ROTOR 3D

デザイン的にエアロなチェーンリングは似合わないでしょうから

肉抜きされたものをチョイスしました。

ROTOR

チェーンリングに1~5まで●印が刻印されていて

固定する位置によってその効果の強弱を調整できるらしい。

賛否両論な楕円チェーンリングですが、果たして効果は期待できるんでしょうか?

もしかしたら真円チェーンリングに戻れなくなったりして。(笑)



PINARELLO MONTELLOを組む時も数回に渡りその模様をお伝えしてきました。

楽しみにして頂いた方もいらっしゃる様なので

今回も同じ様にお伝えしていこうかと思っています。

自転車にご興味がない方、ゴメンナサイ。(笑)

タグ: | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2014/03/5698/