定番デザインですが・・・。

昨日納めさせて頂いたジュエリーをご紹介♪

もはや定番デザインとなったペンダントです。

「ダイヤモンドを縦に5つ並べただけのデザインじゃない!」

と言われてしまえばそれまでですが

そのシンプルなデザインだからこそ飽きが来ないんですね。

そしてお洋服とも合わせやすいのも人気の秘密だったりします。


ペンダント



そして、実際にはダイヤモンドを縦に並べただけではありません。

ダイヤモンドは自然のもの。

一つ一つが違った表情を持っています。

ですから、単純にダイヤモンドを仕入れて並べただけでは

チグハグな雰囲気のジュエリーになってしまうんです。

ここで重要なのが“石合わせ”という作業。

同じカラー。

同じ輝き。

同じシェイプ。

完璧に合わせるのは不可能ですが、それをどこまで合わせる事ができるか。

これは経験がものを言う場面です。

バイヤー時代、

朝9時から夜11時までダイヤモンドと格闘した経験が生きてきます。







そして作りの面でも、

ただ単にダイヤモンドを枠に留めて繋げただけではありません。

枠と枠を繋ぐ丸カンの位置や大きさによっても表情が大きく変化します。

これは誰もが出来るアレンジではありません。

職人さんの腕にかかっています。

同じ様なデザインのペンダントであっても

しっかり作りこまれたものとそうでないものの差は小さくありません。

日本ならではのきめ細かい作業と作りこみによって

MADE IN JAPANは世界に誇れるジュエリーとなるのです。

私達はMADE IN JAPANである事に誇りを持ち

更に磨きをかけて行きたいと思っています。

タグ: |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2013/08/2400/