PINARELLO MONTELLOが完成するまで その6

忙しさも最終段階に入ってきました。


自転車を触る時間が取れません。


でも、好きなものは睡眠時間削ってでもやるっていう・・・。(苦笑)

クイルステム

大物パーツの取り付けが終わっているので


ワイヤー類を繋いで自転車に命を吹き込みます。


アウターワイヤーを切って、そこにインナーワイヤーを通して完成!


っていうわけにはいきません。



アウターワイヤーを切った後にきちんと処理をしてあげないと


ブレーキタッチやシフトフィールが大変な事になりますからね。


もちろん、プロの作業レベルに敵うはずがありませんが


素人なりに出来る限り丁寧に作業をしたいところですね。

リアブレーキワイヤー

このフレームはリアブレーキのワイヤーのみトップチューブ内を通します。


で、エンドキャップ付けて差し込もうとしたら・・・。


入らないんですよ。(汗)


エンドキャップ無しの状態でも全く入る気配なし。


しかし!


画像をご覧頂くと綺麗にアウターワイヤーがフレームに差し込まれています。


頑張りましたよ。


素人なりに工夫してみました。


ブレーキの効きも問題ありませんでした。

シフトケーブル

シフトケーブルも繋いで無事に動作確認終了。


後は実走テストで不具合箇所を洗い出していきます。


って、ペダル付けてないじゃん!


まだ迷ってます。


クロモリフレームにカーボンのペダルは似合わないですよねぇ?


それとも78DURA+KISYRIUM ES使ってる時点で終わってる??


とりあえずボロボロになった78DURAのペダル付けておきますか。


って言いながら、まだ迷っています。


ゆっくり考えるとしますか。(笑)

タグ:
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2013/06/2684/