リフォームで余剰になったダイヤモンド、どうしたら良いですか?

本日のジュエリー。



ダイヤモンドのピアスです。

0.2カラットのプリンセスカットですが

左右の色が異なります。

なぜならば、

以前リフォームさせて頂いた時に余剰になったダイヤモンドなのです。

色こそ異なりますが石目(カラット数)と

外寸がほぼ同じという偶然。

「これをセットにしてピアスにしたらおかしい?」

と、ご相談を頂きました。

石目と外寸がほぼ同じですし

既成の枠が存在するサイズでもありましたので

比較的リーズナブルに作製が可能です。

「だったら普段使いに!」

という事で、お仕立て致しました。

左右で色が異なりますが

ダイヤモンドのサイズがほぼ同じですし

枠のデザインや地金素朴が同じであれば

気にならない差である事がお分かり頂けるでしょう。

地金素朴はプラチナ900。

シンプルな4本爪。

側面には明かり窓を設ける事で

ダイヤモンドをより明るく美しく見える様にする効果があります。

シンプルなデザインだからこそカジュアルな普段使いはもちろん

時にはフォーマルな場面でも活躍する事間違いなし。

ポスト(ピアス針)の直径は0.9ミリ。

ハイジュエリーでも使用されるポストを採用する事で

しっかりした作りとなり

より安心してお使い頂ける様になります。

細かな部分ですが、

ポスト等のパーツはジュエリーの善し悪しを左右するほど重要なのです。

 

本日はお忙しいところお時間頂戴しまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またお会い出来るのを楽しみにしております。

 

※弊社ブログはお客様からご了承頂いた場合のみ掲載させて頂いております。

 

 

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/05/21293/