美しい色と輝きを両立させたファンシーカラーダイヤモンド

本日のジュエリー。

ファンシーイエロー

0.494cts

Fancy Yellow

SI1

 

シェイプはトリリアントの様でトリリアントではありません。

3箇所全てが隅切りではなく、頂点だけが鋭角になっている特徴的なシェイプ。

その特徴的なシェイプを生かしてデザインするのがデザイナーの役目。

大いに想像力をかきたてられるルースです。

この特徴的なシェイプのダイヤモンドを生かせるかどうかは

デザイナーの腕しだいなのです。

皆さんならどういったジュエリーにしますか?

ペンダント?

それともリング??

考えるだけでも楽しいですよね。

 

0.494ctsという石目のわりには場面が広い。

つまりダイヤモンドの厚みがやや薄いという事になります。

薄いダイヤモンドは輝きがイマイチな場合が多いのですが

ご覧の通りの輝きで文句なし。

そして薄いダイヤモンドであるにもかかわらず、しっかりと美しい黄色。

つまり石目の割には場面が確保されていて輝きも申し分なし。

更には色も美しいという、

相反する要素を持ち合わせているダイヤモンドなのです。

ダイヤモンドに詳しい方こそ興味津々なのではないでしょうか。

そういう私も興味津々なんですが・・・。

なかなか珍しいダイヤモンド。

コレクションに加えてみては如何でしょうか?

 

※0.494ctsのダイヤモンドは1個のみの入荷です。売り切れの際はご容赦下さい。

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/04/13708/