私達はリペアにもEmu Qualityを求めます

オーダーメイドジュエリーを手がける私達は

独自の基準を設け、徹底した品質管理を行っております。

それはリメイク・リペアであっても同じです。

ジュエリーはとても小さなものですから

ほんの僅かなズレや誤差であっても違和感を感じるものです。

リペアでは完全には修復不可能なお品物もあります。

しかし、私達は出来る限りの事をさせて頂きたいと思っています。

まずはリペアするお品物をお持ち下さい。

現物を拝見してリペア出来るか否かを判断させて頂きます。

場合によっては職人さんに判断を仰ぐ場合もございます。

その際は予めおおよそのリペア代金をお見積もりをお伝えしてから

作業を進めますのでご安心下さい。

リペア例えばこちらのリング。

シルバーが硫化して隅々まで真っ黒。

しかも、リングの腕がポッキリ。

このリングはフリーサイズだった様でフレキシブルに腕が動く構造。

ただし腕の根元はロー付けされていますから

何度もサイズを変えるうちに金属疲労を起こして折れてしまったんですね。

とはいえ、このまま同じ様にリペアしても再び同じ事が起きます。

ですからフリーサイズにはせず、しっかりしたリング(輪)にする事に。

 

まずは職人さんにリペア可能かどうか見てもらいます。

そしてお見積もりをお客様にお伝えします。

ご了承を頂いた時点で作業を進めさせて頂きました。

リペアロー付けで火をかける事により石が破損する恐れがありますので

石を一度外してから作業を始めます。

石を外す事により石座もしっかり磨きこむ事ができるんですね。

石を外さずに作業を進める事も可能ですが

私達はより安全で確実な方法でリペアを行うのが鉄則です。

リペア

フレキシブルな腕はロー付けで固定。

これにより石座の付け根部分の負荷が無くなります。

よほど負荷がかからない限り

ポッキリと折れてしまう事はないでしょう。

これで安心してお使い頂ける様になりました。

しっかりと磨きこんだ事で石の色も明るくなったので

新たな気持ちで楽しんで頂けると思います。

宝石箱に眠ったままのジュエリーがございましたら

お気軽にご相談下さい。

 

※リペア不可能な事例もございます。

※まずは現物をお持ちになりご相談下さい。

※他社製品をリペアの場合、細心の注意を払い作業を進めますが破損して修復不可能になる場合もございます。その際、弊社では責任を負う事が出来ませんので予めご了承下さい。

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2014/11/9145/