SAPO ART.099 OK BASE

今日は自転車用ポンプのお話。

ポンプ、もっと簡単に言うと空気入れですね。

壊れました・・・。

何の前触れもなく。

全日本選手権が終わってからで良かった。(笑)

「ポンプは高価だから良いとは限らない。」

そう誰かに言われた事がありますが

納得できる部分があったりします。

以前使用していた某国内メーカーの廉価版ポンプは

ボディがプラスチック製でしたが使い勝手が良く

かなり長持ちしました。

それに対して某輸入メーカーの高級ポンプは

使い勝手こそ悪くなかったものの

使い始めて1ヶ月もしないうちに壊れてしまいました。

しかも高級ポンプなのに修理する事も出来ず・・・。

それ以来、ポンプは消耗品と考え

安価なものを使い続けてきましたが

「本当は良いポンプを修理しながら長く使い続けたい。」

というのが本音です。



そこで、今回は創業が1966年という

イタリアの老舗メーカーのポンプを選びました。

『SAPO』

イタリア製のフレームに囲まれた我が家にしてみたら

自然な流れだったのかもしれません。



「ART.099 OK BASE」

シリーズ中最下位グレードではありますが

スチール製のボディ、

木製のハンドル、

真鍮製のバルブ金口は上位グレードと同じ。

しかも・・・



真鍮製のバルブ金口はフレンチバルブ専用という潔さ。

アダプターなんて付いてません。

しかもネジ切り。

ゴムの力だけで固定するタイプよりも

バルブのネジに直接固定する事で

圧倒的な固定力を発揮してくれるでしょう。

ゴムが消耗して破損してしまう事も無いでしょう。



「100% made in Italy」

パッケージに書かれた文字は自信の現れ。

デザインはさすがイタリア。

木製ハンドルの曲線は

人間工学的に作り出されたものらしいのですが、

それ以前にデザインとしての曲線美が素晴らしい。

スチール製のボディに施されたメッキも美しい。

プロチームのメカニックにも愛用されている『SAPO』。

きっと私達親子の走りを支えてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

タグ: | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2017/08/17286/