結婚指輪の素材としてプラチナ900をオススメする理由

本日は結婚指輪(マリッジリング)の素材についてのお話です。

結婚指輪
素材は私達が自信を持ってオススメするプラチナ900

ブライダルジュエリーの素材としては他にも純プラチナのプラチナ1000や

高純度のプラチナ950があります。

では、なぜdesign studio Emuはプラチナ900をオススメするのでしょうか?

それはメンテナンスをしっかり考えているから。

具体的にはサイズ直しですね。

サイズ直しをする際に行われる作業としてロー付けがあります。

ロー付けは溶接と考えて頂ければ良いのだと思いますが

ロー付けをするにはロー材と呼ばれる、

地金と地金を接合させるのに必要な地金が存在します。

このロー材と呼ばれる地金が無ければ指輪を切った部分の接合が出来ません。

ロー材はプラチナ900にはプラチナ900に適したロー材。

プラチナ1000にはプラチナ1000適したロー材が必要です。

異なる純度のロー材を使用してしまうと、そこだけ違う色になってしまうんです。

という事は、サイズ直しした箇所が分かってしまうんですね。

design studio Emuのサイズ直しした箇所が分からない様にするのが当たり前。

だからこそ、その純度に適したロー材を使用するのですが・・・。

プラチナ1000に適したロー材やプラチナ950に適したロー材は

もちろん入手は出来るのですが、ご用意するのに時間がかかります。

だからこそ、安定供給されるプラチナ900を一貫して使用しているのです。

自ら生み出したジュエリーがメンテナンス出来なかったり

メンテナンス費用が異常に高額になるなんて避けたいですからね・・・。

 

design studio Emuはジュエリーリペアも承っております。

毎日多くのジュエリーが持ち込まれますが

その中には結婚指輪も多数含まれています。

他店で購入された結婚指輪が弊店に持ち込まれる理由として多いのは

「購入したお店に持って行ったけど、サイズ直し出来ないと言われた。」

「購入したお店に持って行ったけど、サイズ直しの費用が異常に高かった。」

「購入したお店に持って行ったけど、サイズ直しは出来ないので新品との交換になると言われた。しかもその費用が新品を購入するのとあまり変わらなかった。」

耳を疑いたくなる様な理由の数々。

もちろん、そういったお店やブランドさんばかりではありませんが

そういったお店やブランドさんも存在するという様に判断せざるを得ません。

だからこそ、

「私達は自分達で作り販売したジュエリーはきちんとメンテナンスしたい。」

という気持ちがとても強くなりました。

当たり前の事を当たり前にやる。

過去の私達も

現在の私達も

そして未来の私達も

絶対に変わる事が無いスタンスです。

⇒ Emu 婚約指輪 のご案内
⇒ Emu 結婚指輪 のご案内

吉祥寺 婚約指輪 結婚指輪 ブライダルジュエリー「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2016/07/14236/