デザイナーって何ですか?

よく聞く言葉ですが、改めて調べてみました。



デザイナーとは視覚領域において意匠計画や図案、設計を手がける人のこと。

日本では単に「デザイナー」という場合

主にグラフィックデザインや家具設計、服飾、

工業デザインの分野の人物を指す事が多い。

デザインはあらゆる分野に関わるものであり、広がる現状がある。

これらの肩書きを名乗るには資格は特に必要ない事から

様々な分野の人物に○○デザイナーという肩書きを付けることが増加している。

特に近年、本来の設計・デザインより外れた業種・業態にも利用されることがある。

デザイナーというこれらの職業にはクライアントや依頼主が存在し

それらの発注者の意図にデザインで応じる仕事である。

作品をあらかじめ制作、創作し、

これを提供する作家や芸術家とに違いがある。

~ウィキペディアより~



ジュエリー業界でデザイナーという肩書きを持つ人はどんな人なのでしょうか?

アイディアが入った引き出しを多く持っていて、

そのアイディアを自ら図面(デザイン画)に起こす事ができる人物。

また、お客様のご要望に応えるべく

様々な提案ができる人物。

私はこんな風に考えています。

アイディアだけ持っていても自ら図面(デザイン画)に起こせない人物は

デザイナーとは呼べないのでは?

もし、こんな人物をデザイナーと呼ぶのなら

私もデザイナーという肩書きを持てるはず。

しかし、私は自ら図面(デザイン画)を起こす事ができないので

デザイナーという肩書きは持つ事ができません。

しかし、実際には私と同じ様に

自ら図面(デザイン画)を起こす事ができない人物でも

デザイナーという肩書きを持っている人物を知っています。

もちろん、デザイナーの肩書きを名乗るのに

資格は必要ありませんから法的には何ら問題ないのですが

とても違和感を感じます。

アイディアとして思い描いたデザイン。

そのデザインの微妙なアールやアングルを

自由自在にデザイン画として表現できるのが

デザイナーと呼べるのではないでしょうか?



デザイナーという肩書きを名乗るならば

この動画の様に図面(デザイン画)を描いてほしいんです。

そして、図面(デザイン画)が描けるだけではなく

皆さまの様々なご要望にお応えできる

アイディアがたくさん入った引き出しを持っていてほしい。



それらを持ち合わせたデザイナーから生まれてくるEmuのジュエリー。

ご相談にいらして下さったお客様の目の前で

皆さまのご要望にお応えしたジュエリーの図案(デザイン画)を描いていきます。

「わかりやすい!」

と、皆さまから高い評価を頂いております。

弊社デザイナーは本店と吉祥寺のdesign studioを行き来しております。

また、外商に出ている事もしばしば。

時間帯によっては直接ご相談いただく事ができない場合がございます。

ご予約いただいた上でご来店いただけると幸いです。

Emuのジュエリーデザイナーと共に

夢に思い描いていたジュエリーを作りませんか?



弊社デザイナー  小笠原 美江  受賞歴

1995年 プラチナギルド
    スチューデント・プロポーサル受賞

1995年 ヒコ・みずのジュエリーカレッジ
    卒業制作グランプリ受賞

1996年 プラチナギルド
    プラチナ・ジュエリーセレクション選出

1998年 プラチナギルド
    プラチナアワード 受賞

2012年 日本ジュエリー
    デザインコンペティション入賞

2013年 糸魚川翡翠ジュエリー
    デザイン画コンテスト入選


⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2014/11/9270/