吉祥寺『珈琲散歩』モカ・ブレンド

ステイホーム週間明け初日。

緊急事態宣言は継続されましたが

店舗のメンテナンスの為吉祥寺へ。



春の穏やかな気候。

晴天のランチタイム。

なのに吉祥寺中道通りはご覧のとおり閑散としています。



そんな中、大好きな『珈琲散歩』さんは

珈琲豆のテイクアウトを続けて下さっているんです。

これには「感謝」という言葉以外、思い浮かびません。



いつもお願いしている『季節のオリジナルブレンド‘春’』

さっぱりとした味わいで飲みやすいのに

コクもしっかり楽しめる

とても魅力的な珈琲なんです。



今日は『モカ・ブレンド』も一緒にお願いしました。

そもそも『モカ』とはイエメン共和国の港街の名称。

珈琲豆の輸出で栄えた街で

当時イエメンやエチオピアで採取された珈琲豆を

『モカ』と呼んでいたそうです。

そんな港街『モカ』ですが18世紀に猛威を振るったペストの影響で輸出が激減。

珈琲豆を輸出する役目を終えてしまったという悲しい歴史もある様です。



そんな『モカ』のお味ですが

一般的には苦味が少なく

酸味の強いフルーティーな珈琲として認知されていますが

「やや深く」焙煎して頂く事で酸味と苦味のバランスが取れ

とても飲みやすくバランスの取れた珈琲になると

学生時代にバイトしていたカフェのオーナーから聞いていました。

実際に飲んでみると・・・。

これは美味しい。

ハンドピックにより

良質な豆だけがセレクトされている事で雑味も皆無。

安心して美味しい珈琲を楽しめる事が

何よりもありがたいです。

 

またお邪魔させて頂きます。

 

 

 

タグ: | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/05/23614/