新たに生み出す事、修理する事、リフォームする事を改めて考えてみました。

私達はダイヤモンド等の宝石を

世界各地から厳選し

自らデザインをして

新たなジュエリーを生み出しています。

何も無い状態からモノを生み出すという事。

私達は今まで当たり前の様に行って来ましたが

実は当たり前ではないという事に最近気が付きました。

素材(宝石)の良し悪しを見抜くバイヤーとしての力。

その素材を最大限美しく見せる為のデザイナーとしての力。

そして、それを忠実に表現出来る匠の技を持ったクラフトマンの力。

どれが欠けても美しいジュエリーは生まれないのです。

最高の素材には最高の技術で応えます。



 

新たなジュエリーを生み出しているのと同時に、

私達は既に存在するジュエリーの修理やリフォームも行っています。

新たなジュエリーを何も無い状態から生み出すのは

簡単な事ではありませんが

既に存在するジュエリーの修理やリフォームは

時として新たなジュエリーを生みすよりも

難しい事があります。

結婚式の時に交換した指輪は唯一無二の存在なのです。



私達が生み出すジュエリーは基本的に万が一の際でも

修理が出来る構造にしています。

何故だと思いますか?

それは出来る限り長く私達が生み出したジュエリーを楽しんで頂きたいから。

しかし、私達のもとに修理品としてやって来るジュエリーの中には

修理の事は一切考慮されていないモノがたくさんあります。

中にはサイズ直しも出来ない構造のリングもあるので驚きです。

更に驚きなのは購入時にサイズ直し等のメンテナンスが出来ない事を

販売店から告げられていないケースが多く

実際にサイズ直し等のメンテナンスをしようとした時に

その事を知るという・・・。

そういったジュエリーであっても

私達は出来る限り皆さまのお力になりたいと思っています。

もちろん、私達は魔法使いではありませんから

物理的に出来ない事もあります。

しかし、匠の技を持ったクラフトマンの皆さんが支えて下さっている限り

修理という難しい作業を続けるでしょう。

受け継がれるダイヤモンドの婚約指輪。



リフォームもまた修理と同じ様に

新たにジュエリーを生み出すよりも難しい事があります。

特に元の枠を活かしてリフォームする場合は

より難易度が高くなります。

金(銀)継ぎに挑戦してみました。



「新しいジュエリーを生み出すよりも修理やリフォームは難しい事があります。」

と言いつつ

その難しさ実際に感じているのはクラフトマンの皆さんです。

もちろん、私達も作業する事がありますから

その難しさは理解していますが

難しい修理やリフォームを担当して下さっている

クラフトマンの皆さんの比ではありません。

しかし、ジュエリーではありませんが湯飲み茶碗を金継ぎで修理した時に

その難しさを垣間見る事が出来ました。

「修理って簡単ではないんだなぁ。」

そう改めて感じました。

そして、そのモノに愛情(愛着)がなければ出来ない事なのだと感じました。

私達はジュエリーが好きです。

だからこそ

新たなジュエリーを生み出すだけでなく

修理やリフォームも手掛けています。

「ジュエリーが好き。」

その気持ちが私達の原動力なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2020/01/22731/