埼玉県川島町『泉の里』すったて

先日、川島町へ行った時にお邪魔したお蕎麦屋さん。



『泉の里』さん。

川島町と言えば武蔵野うどんのイメージが強いのですが

こちらはお蕎麦がメイン。

川島町の名物とも言える「すったて」が

うどんではなくお蕎麦で楽しめるというので

早速お願いしました。



まず味噌と胡麻が運ばれてきました。



すりこぎ鉢に味噌を投入。



胡麻の粒が見えなくなるまで丁寧に擦ります。

滑らかな食感を目指すならば重要なポイントです。



続いて薬味が登場。

当然ながら、

このまま薬味として使用する訳ではありません。



みじん切りの玉ねぎを投入。



玉ねぎの存在が分からなくなるまで擦ります。



次は輪切りのキュウリを投入。



キュウリは擦らずに叩き潰します。



ここで蕎麦つゆを半分だけ投入。

よく馴染ませます。



馴染んだところで残りの蕎麦つゆを投入。

氷を入れて冷たく爽やかに。



 

残りの薬味(ネギと茗荷)を投入して完成。



田舎蕎麦登場。



自分で作った特製の蕎麦つゆに

粗挽きの田舎蕎麦をつけて一気にすする。

美味しい~。

味噌と胡麻の滑らかで濃厚な味わいと

薬味の爽やかさのバランスが絶妙。

氷を投入した事でキンキンに冷えているので

これから暑くなると更に美味しくなるでしょう。

そして「すったて」はうどんだけのものではなく

お蕎麦でも美味しいという事を知りました。

今年の夏は楽しさ2倍ですね。

 

ごちそうさまでした。

またお邪魔させて頂きます。

 

 

タグ: | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/07/21584/