14世紀の煌めきと21世紀の輝きを採り入れたブリオレットカットのダイヤモンド。

本日のジュエリー。



ダイヤモンドのルース(裸石)です。

 

0.346cts.

F

VS1

0.313cts.

E

SI1

 

なかなか市場に現れる事がないブリオレットカットの宝石。

更にダイヤモンドのブリオレットカットとなると

その数は決して多くはありません。

滴型にカットされていますが通常の宝石の様に裏表が無く

360度どこから眺めてもキラキラと輝いているのが特徴的です。

ブリオレットカットのルーツはローズカットと言われていますが(諸説ありますが)

そのローズカットの起源は14世紀とされており

その輝きは歴史的な魅力を感じさせてくれるものと言えるでしょう。

そんな魅力的で希少性の高いブリオレットカットのダイヤモンド、

こちらでご紹介させて頂く前に売約済みとなってしまいましたが

お客様の許可を頂きましたので

じっくりとご覧下さい。

石目に差があり、見た目でも若干差がありますが

ピアスとしてお使いになるので

それほど気にならないでしょう。

カラーレスと言って差し支えない色。

肉眼では確認するのが難しいクラリティは

360度どこからでも見られるブリオレットカットには最適と言えます。

隙が無いですね。

14世紀が起源とは言うものの、研磨技術は現代のクオリティ。

歴史を感じる14世紀の煌めきと

現代的な21世紀の輝きを採り入れたダイヤモンド。

そんなダイヤモンドが耳元でキラキラしていたら、

ついつい笑顔になってしまいますよね?

 

次回入荷は未定のブリオレットカットのダイヤモンドですが

「欲しい!」

って思っていらっしゃる方はお声掛け下さい。

入荷しましたら石目(カラット数)、カラー、クラリティ、お値段をお知らせ致します。

ご希望に合わない場合は見送って頂いても大丈夫ですので

お気軽にご相談下さい。

 

※0.346カラット、0.313カラットのブリオレットカットダイヤモンドは売約済みとなっております。

※ブリオレットカットダイヤモンドご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/05/21162/