「透け石」って美しくないダイヤモンドなんですか?

本日のジュエリー。



ダイヤモンドのルース(裸石)です。

0.847cts.

Light Yellow

SI1

OVAL

 

「憧れの1カラット」をご紹介させて頂いた翌日に

1カラットに満たないダイヤモンドをご紹介?

「全然魅力的じゃないわ~。」

そう感じる方もいらっしゃるでしょう。

では、次の写真をご覧下さい。



左側が昨日ご紹介させて頂いた1.006カラット。

右側が本日ご紹介させて頂いた0.847カラット。

どちらが大きく見えますか?

右側の0.847カラットが大きく見えるのは錯覚ではありません。

では、なぜカラット数が少ないダイヤモンドの方が

大きく見えるのでしょうか?

それはダイヤモンドの厚みです。

1.006カラットの厚みは3.57ミリですが

0.847カラットの厚みは2.37ミリしかありません。

これは業界用語で「透け石」と呼ばれるもので

標準的なプロポーションよりも厚みが少ない個体を指します。

ダイヤモンドは適正な厚みがある事で

表面から採り入れた光が内部で屈折し

再び表面に向けて輝きを放つ構造になっています。

その肝心な厚みが不足していると

表面から採り入れた光がそのまま裏面に抜けてしまい

あまり輝かないダイヤモンドになってしまいます。

これは原石の形状に合わせ最大限重さを残そうとした結果であり

ある意味「仕方ない」とも言えるでしょう。

では、なぜそんな「透け石」が私の手元にあるのでしょうか?

「バイヤーの目が節穴だから。」

なんて悪口を言う同業の方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)

それは違います。

「透け石」であっても美しく輝いているからに他なりません。

確かに「ちょっと透け気味」ではありますが

それは許容範囲であり、

とても美しいダイヤモンドである事に間違いありません。

石目(重量)が場面(大きさ)が大きいので

リーズナブルにそのサイズ感が楽しめるのも魅力です。

なかなか市場に現れる事がないであろうレアストーン。

その美しさをご自身の目で確かめてみませんか?

 

※0.847カラットのダイヤモンドは1個のみの入荷です。売り切れの際はご容赦下さい。

※お値段等、詳細につきましては店頭にてお問い合わせ下さい。

 

 

吉祥寺中道通り ジュエリーショップ「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/04/21108/