「当たり前の事を当たり前に行う事」が大切だと感じました。

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたダイヤモンドリング。

サイズ直しをご希望でしたが

その前に大きな問題がありました。



白い矢印の部分をご覧下さい。

リングの腕が

まるで紙の様にちぎれてしまっています。

なかなか珍しい事例ですが

お品ものをチェックしてみると

以前に他店でサイズ直しをされている様です。

その際、腕全体を少しずつ変形させていき

1ヶ所に無理な力が掛からない様にしなければならないのですが

それを怠った事で弱い部分(石座で地金が薄くなっている部分、尚且つキャスト不良)が耐えられず

破断してしまったのだと思われます。

まずは部分的に無理な力が掛からない様にサイズ直し。

その後、石座の修復を行いました。

もちろん紛失してしまったダイヤモンドは

周囲のダイヤモンドのカラー、クラリティに合わせセレクト。

もちろん輝きもしっかり合わせてあります。

ダイヤモンドであれば何でも良い訳ではありません。



美しく甦ったダイヤモンドリング。

全体的に仕上げ直しを行った事で

新品同様の輝きを取り戻しています。

腕を全体的に少しずつ変形させる事で

1ヶ所だけに負荷が掛からない様にサイズ直しを行いましたが

今回修復した箇所以外の見えない部分で

キャスト(鋳造)不良が無いとは言い切れません。

万が一の際は改めてご相談下さい。

 

本日はお忙しいところお越し下さり

誠にありがとうございました。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/04/20938/