新宿『長野屋』カツカレー

先日、お客様との打ち合わせを終えたところで安心したのか

お腹が「グゥ~」って鳴りました。

そういえばランチ食べ損ねたんだった事に気付くと

お腹の空き方は更に加速します。(笑)



JRの東南口を降りると見えてくる『長野屋』さん。

私が学生の時には既に存在していたので

少なくとも30年以上は営業されているはず。

以前から興味津々だったのですが

なかなか勇気がいる店構えで、

扉を開ける事が出来ませんでした。

そして今回ようやく勇気を振り絞って。(笑)



カツカレー。

どこにカツがあるのか分からない位

カレールーが全体的に盛られています。

なんとも昭和な感じが良いですね。



チェーン店の分厚いカツと比べると

なんとなくボリューム無い様に感じますが

実はこれ位させて厚さの方が食べやすい事に気付きました。

ルーに埋まっていたのにサクサクしているのは不思議ですが

とっても美味しい。

で、そのたっぷりのカレールーですが

大量の野菜を長時間煮込んだ時の味でした。

私もたまにカレー作りますが

やはり大量の野菜を長時間煮込むので

それが分かりましたし

私の好みにかなり近い味でした。

うん、美味しい・・・。

新宿に立ち寄りたくなるお店が増えました。

でね、『長野屋』さんの事を後で調べてみたら・・・。

大正4年(1915年)創業なんだそうです!

30年どころじゃないですよ!!

100年越えてます!!!

食料が欠乏していた戦後は

外食券食堂として指定を受けていた時代もあったそうです。

そんなお店が現在もなお営業を続けている。

これ奇跡に近いですよね。

そんなお店を気になりながらも素通りしてきた自分にも驚きました。(笑)

もうね、間違いなく通いますよ。

次はあれを食べよう。

あれを。

 

ごちそうさまでした。

またお邪魔させて頂きます。

 

 

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/03/20906/