金性刻印で「K18」と「18K」の違いって何ですか?

本日はジュエリーの金性刻印について。

現在国内で作られているジュエリーの大半に

どんな貴金属で作られているかを示す

金性刻印が打刻されています。



例えばこのリング。

内側に何か文字らしきものが見えませんか?



拡大すると矢印の先に

「K18」と打刻されているのが確認出来ます。

これは「18金」を意味するもので

国産ジュエリーの大半がこのスタイルの表記になります。

では、次のリングはどうでしょうか?



「18K」という文字が確認出来ます。

先ほどの「K18」とは「K」の位置が逆で

末尾に表記されています。

一説によると「18K」は海外で作られた

ホワイトゴールド製品に打刻される事が多かった様ですが

最近はどうやら事情が違って来たみたいです。

地金分析業者に鑑定を依頼したところ

「すず」と「銅」の合金でした。

更に金メッキがかけられているという結果が出ました。

こうなると単なる間違いや

精練技術の低さが由来するものではないでしょう。

これでは正当な価格で地金引き取り(買い取り)は出来ませんし

修理(リペア)する事も出来ません。

せっかくのお気に入りであっても

万が一の際に修理出来なければ

即スクラップなんて事もあり得るのです。

ジュエリーは安価なものではありません。

ご自身でしっかりした知識を身に付ける事も大切ですし

信頼出来るショップ(スタッフ)を探す事も

間違いないジュエリーを手に入れる方法の一つと言えるでしょう。

 

ご参考までに。

弊社では地金引き取り(買い取り)の際は

一度お預かりし地金分析業者で鑑定を行ってからのお取引となります。

少々お時間頂戴しますが、予めご了承下さい。

また、修理(リペア)については

クラフトマンと相談の上

作業可能か判断致しますので

地金引き取り同様にお時間を頂戴する事になります。

合わせてご理解頂けます様、お願い致します。

※海外製品は「18金」の場合「750」と打刻される事が多くなっております。ご参考までに。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/03/20783/