クラシックミニのハブを交換してもらいました。

1997年に我が家にやって来たクラシックミニ。

経年劣化によるパーツの傷みは仕方ないですね。

2019年、1回目の不具合。

走行中にキリキリカラカラと前方から異音が・・・。

金属が焼ける様な臭いもする。

どうやら回転系のパーツの不具合っぽい。



という事で主治医のショップに駆け込みました。

両前輪を外し助手席側のハブを揺すってみる。

問題なし。

運転席側を揺すってみると・・・。

ガタガタだ。(笑)



ご覧のとおり。

ハブのカバー(メッシュ形状)が破損しています。

これが引き金になりハブにも損傷が・・・。

それに加えワイドタイヤによる負担がトドメを刺した様です。



運転席側のハブを交換してもらい修理完了。

驚くほどスムーズ!

これでまた安心して走れる様になりました。

いつもながら主治医に感謝。

ありがとうございました!

 

 

タグ: | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2019/02/20596/