ガソリンタンクは命に関わるパーツ

追突事故に遇ってから約半年。

絶版になってしまったultra製のテールランプが割れてしまい

先祖帰りせざるを得なくなってしまった

我が家のクラシックミニ。

3色テールから2色テールに交換するには

ガソリンタンクを外さなければならないんです。

なのに・・・。

外さずに無理やり傾けて作業をした事でこんな状態に。



ガソリンタンクから電磁ポンプに伸びるフューエルライン。

その根元が無理やり傾けた事で折れてしまい

そこからガソリンが漏れてしまっています。

室内に漂う強烈なガソリン臭。

最悪の場合、引火爆発する可能性もあります。

命に関わるパーツですから交換しかありません。

諸事情によりいつもの主治医にお願いする事が出来なかったのですが

この先は・・・。



餅は餅屋。

命の関わるパーツですから

長年お世話になっている主治医に作業をお願いしました。

完璧な作業で不安ゼロ。

これが当たり前ではない事を思い知らされました。



交換後のガソリンタンクは

フューエルラインの取り回しが変更になった様ですが

私は特にオリジナルにこだわる訳ではないので

安心して走れるならば問題なし。

これでやっと普通に走れる様になりました。

我が家の一員となって21年。

最大のピンチを乗り越えました。

こうして古いクルマに安心して乗る事が出来るのは

信頼出来るメカニックさんがいるからこそ。

今回はそれを痛感しました。

 

 

タグ: | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2018/12/20364/