「たかが修理、されど修理。」

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたガーネットのリング。

15番から11番へサイズ直しをご希望です。

地金素材はK18イエローゴールドなので問題ありません。

石座部分の面積も広くはないので

腕部分を含めほぼ真円に仕上げる事が出来るでしょう。



ご覧のとおり、

石座部分はほぼ加工が出来ない構造ですが

各部を少しずつ調整し

ほぼ真円に仕上げる事が出来ました。

「真円に近付ける事がそんなに大事なの?」

そう思われた方もいらっしゃるでしょう。

リングにおいて真円であるか否かは

着け心地の良し悪しに直結しますので

私達は可能な限り真円に近付ける努力をしております。

また仕上げの際、

地金を磨き過ぎない様に注意しております。

磨き過ぎると地金が痩せてしまい

着け心地が悪化しますし

何よりも見た目が貧弱になってしまいます。

その上で、出来るだけ輝きを取り戻せる様に

丁寧に仕上げを行っております。

以前にも書きましたが

「たかが修理、されど修理。」

お客様の大切なジュエリーをお預かりする以上

お預かりした時よりも良い状態でお返し出来る様

最大限の努力を致します。

それはこれまでも

そしてこれからも変わる事はありません。

 

先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2018/10/20019/