私達に「ただ単に形になれば良い」という考え方は一切ありません。

本日のジュエリー。



お客様からお預かりしたシェルとダイヤモンドのリング。

地金素材はK18ホワイトゴールドです。

以前購入されたリングでお気に入りだったそうですが

最近は宝石箱の中で眠り続けていたそうです。



このリングをペンダントにリメイク出来ないかという

ご相談を頂きました。

リングの腕部分を省いてペンダントにリメイクという事例は

これまで数多くお取り扱いして来ましたが

今回ご依頼頂いたリングは石座と腕部分が

明確にわかれていないデザイン(構造)なので

簡単ではありません。

腕部分を切り取った面を滑らかに仕上げないと

肌に直接当たるものですから着け心地が悪くなります。

とは言うものの、仕上げ(削り)過ぎると

シェルの裏側が露出してしまい

コロコロと転がり安定しない。

ペンダントとしては不完全なものになってしまい

せっかくリメイクしても

再び宝石箱の中で眠り続ける事になってしまいます。



出来ました。

シェルの裏側が露出しないギリギリのライン。

そして肌に直接当たる部分も滑らかに仕上がりました。

更にチェーンを下げる位置も

ペンダントヘッドがお辞儀しない絶妙な位置に設置。

これって当たり前の事なんですが簡単な事ではありません。

今までに蓄積されたノウハウがあるから出来る事。

ただ単に形にしただけでは

ジュエリーを楽しむ事は出来ません。



チェーンはスライドアジャスターを装備しているので

お好みの長さでお使い頂けます。

今となっては当たり前になったスライドアジャスターですが

ファッションによって

胸元を自在に演出できるって嬉しいですよね。



先日はお忙しいところお越し下さいまして

誠にありがとうございました。

メンテナンス等、お気軽にお申し付け下さい。

またのご来店を心よりお待ちしております。

⇒ ジュエリーの修理&リフォームのご案内
⇒ ジュエリーの修理&リフォームの実例

吉祥寺 ジュエリー修理&リフォーム「 design studio Emu 」
東京都 武蔵野市 吉祥寺本町2-20-7 プレジオ吉祥寺202
TEL:050-3696-2666
お問い合わせ、ご来店お待ちしております。
タグ: | | | | | | | | | | | | | |
パーマリンクURL: https://emu-jewelry.jp/2018/07/19357/